冷蔵庫 配送 値段

冷蔵庫の配送だけでも値段が安い引越し業者がお得

冷蔵庫 配送 安い

 

冷蔵庫 配送 激安

 

冷蔵庫 配送 格安

 

冷蔵庫 送る 安い

 

冷蔵庫は自分で運ぶのは大変です。
大型の冷蔵庫を自力で運ぶことができる人はほとんどいません。
なぜなら中が空っぽの状態で本体だけで100kg近くの重さがあり、高さも180センチほどありからです。

 

さらに冷蔵庫を無理に移動すると床や壁を傷つてしまうかもしれませんので、素人には簡単ではないのです。

 

では冷蔵庫を配送できそうな業者ってどこがあるのでしょう?

 

おそらく便利屋・宅配業者・引越し業者くらいだと思います。

 

この中から一番安く冷蔵庫を運んでくれそうな業者を探すためにはまず、引越し業者に一括見積もりを取ってみないといけません。

 

 

引越し業者には「冷蔵庫や大型家電のみを運ぶ」というサービスがあり、一括見積もりも可能です。

 

・便利屋は2人で作業して、1時間以内に終わる配送先なら10000〜13000円で冷蔵庫が運べます。

 

・宅配業者は同一県内への配送なら約16000円、東京から大阪間なら約19000円で冷蔵庫が運べます。

 

・引越し業者は数が多く冷蔵庫のみの配送もしてくれますが、配送にかかる費用は見積もりを取ってみないとわからないのです。
まずは一括見積もりで、冷蔵庫の配送料を確認して比較しませんか?

 

冷蔵庫 配送 安い

 

引越し業者の値段を知らないまま他の業者に依頼するのは勿体ないですよ。

 

一番安い業者が見つかるといいですね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

引越しとレンタカー

 

引越し 冷蔵庫 レンタカー

 

荷物が少な買ったり、大型家電のみ運びたいときはレンタカーでの引越しも考えますね。
レンタカー引越しの条件は@距離が近いこと A荷物が少ないこと B人手があることなどがあります。

 

引越しの際は2〜3回は往復することが考えられますので、新居があまり遠いとレンタカーでの引越しは難しいです。
素人は大きな家財を上手に積み込めないものなので、一回で運ぶのは難しいです。
運搬中に冷蔵庫が倒れるんじゃないかと思うと怖いですよね。

 

荷物が多い場合は何度も往復せねばなりませんし、時間がかかるとそれだけレンタカーのレンタル料金がかさみます。
それにガソリン代を満タンにして返さなければなりませんので、返却の際は少し早めにレンタル会社に行かねばならないのです。
時間に追われるとさらに気が焦ります。

 

あとは2〜3人手伝ってくれる人がいることです。
引越しの際に例えばタンスや冷蔵庫、洗濯機など大きなものは人手がないとトラックに積み込めません。
手伝いが1人だとその人に負担がかかって、申し訳ない気持ちになるので2〜3人は欲しいところです。

 

レンタカー引越しは安くなるイメージがありますね。
トラックのレンタル料は【基本料金+燃料代+保険料+その他】です。
さらに友達への謝礼・お弁当・お茶代などもかかります。
そして、もし引っ越しの最中に家電を落として壊しても、補償がありません。

 

場合によっては引越し業者に依頼するのとさほど変わらない場合もありますから、比較のためにも見積もりを取ってみるといいかと思います。

 

 

引越し業者の繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業界には通常期に対して、繁忙期と呼ばれる時期があります。
繁忙期は3月前後のことを言い,この時期の引越し費用は高くなっています。

 

当然冷蔵庫だけを運ぶ費用も他の月よりも高めに設定されていますから、できれば繁忙期は避けたほうがいいです。

 

3月が繁忙期になるのにはちゃんとした理由があります。
日本では4月から新学期を迎えますから、新社会人や新大学生が新生活のために3月に一気に引越しをするのです。
寮に入ったり、地方から都会に出てきて一人暮らしを始めるのが同時期になってしまいます。

 

しかもこれだけではなく、日本の会社では春と秋の2回、人事異動があります。
そして春の人事異動が4月の新学期をスタートとするので、やはり3月に引越しをすることになります。

 

これらに加えて通常の引越しもありますから、繁忙期の引越し業者は相当忙しくなるわけです。

 

繁忙期にはスタッフを増やしたり、残業になることも多いので、費用を通常期よりも高く設定しています。
もし引越し時期にこだわりがないのであれば、この時期は避けて引越しするのがオススメです。

 

 

引越し業者の費用を安く抑える

 

引越し 安く

 

引っ越し業者の費用を安くするために条件の見直しをしてみませんか?

 

まず配送を依頼する日にちですが、土日祝日は仕事を休まずに引越しできるという方が多いため人気があります。
土日祝日は引越し費用はやや高めで、平日のような割引はあまり期待できません。
なので配送は平日がオススメです。

 

さらに午前と午後であれば、午前中の配送が人気です。
1日を無駄にしないように、朝早く運び入れてしまいたいですよね。

 

なので引越し業者は午後便や時間を指定しないフリー便なら割引してくれる可能性が高いです。
ただし、午後便やフリー便は時間通りにならないこともあるので、時間に余裕のある方だけこちらをご利用ください。

 

このように引越し業者へ依頼した場合の費用は、条件によって大きく変わります。

 

 

引越しの準備

 

引越し 準備

 

引越しにはすることが多いので、どんな準備が必要か確認しておくと便利です。

 

・新居を決めたら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し費用は新居の住所や物件の状況がわからないと正確な料金がわかりません。
例えばエレベーターありの4階とエレベーターなしの4階では同じ料金ではありません。
ですから新居が決まったらすぐに見積もりを取って、引越し業者をおさえるのがオススメです。

 

・荷物の梱包、不用品の処分を行う。
引越し日までに荷物をすこしずつ梱包してください。
その時に出る不用品はゴミカレンダーで計画的に捨てておきましょう。
なぜなら荷物が多いと引越し費用が高くなりますから、いらないものは売る、あげる、捨てるなどの方法で引越しの前に処分しましょう。

 

・市外への引越しなら役所に転出届を提出する。(2週間前〜)また、健康保険や年金、児童手当などについても役所で聞いておく。
市外へ引越しする際は、市議の選挙などのお知らせが新居に届くように手配しなければなりません。
市外への引越しの場合は転出届を提出しましょう。

 

・電気・ガス・水道・通信会社などに引越しすることを連絡をして、精算方法などを確認する。
電気などのインフラは引越し日までは旧居で使えるようにしておいて、引越し日からは新居で使えるように手配しなければなりません。
そうでなければ、新居で電気がつかない、お湯が出ないなどのトラブルになりますのでお気をつけください。

 

・郵便局に新居への郵便物転送手続き(届出から1年間有効)
郵便物が新居に届くようにするには郵便局で転送届を提出しておくと1年間は新居に郵便物が届くようにできます。

 

・引越し当日 家具の配置などを決めておく。
引越し日は引越し業者におまかせするとして、どこに何の家具を置くかなどの細かい指示が必要です。
前もって家具の配置、ダンボールの置き場所などを紙にかいて整理しておくと引越し当日はスムーズです。

 

・市内引越しなら役所で転居届、市外引越しなら転入届を提出
同一市内なら転居届け、市外への引越しなら転居届けを提出しておくことで、選挙ハガキや年金など役所からの郵便物が届きます。

 

・荷解きをする。

 

・免許証・パスポート・保険・カード類などの住所変更手続きを行う。
役所関係以外でも、免許やパスポートなどは住所変更の手続きが必要です。
免許証などは身分証にもなりますので、早めに行いましょう。

 

 

引越しのネット見積もりと訪問見積もり

 

引越し 訪問見積もり

 

以前は引越しの見積もりといえば訪問見積もりが主流でした。

 

引越し業者に連絡して家まで来てもらい、実際に運ぶ家具やクローゼットの荷物の量、それと物件の廊下や階段の幅などいろいろな点を見ながら見積もりを算出してもらうのです。
ネットでの見積もりではここまで細やかな査定は出来ませんので、もしかしたら引越し当日に追加料金がかかるかもしれません。

 

ですから今は一括見積もりが主流ですが、今でも立ち合い見積もりをされる方も多くいるのです。
わざわざ家まで来てもらうのは申し訳ない気持ちになりますが、引越し業者の営業さんの大事な仕事なので気にしなくて大丈夫です。

 

・強い営業の方に負けて契約してしまったけど、他のところのほうが引越し料金が安くてサービスが良さそう。
・ダンボールを沢山置いていかれたので、契約するしかないのかも。

 

直接来てもらうとこういう心配があるかもしれません。
断るのが苦手な人もいますので、心配ですね。

 

しかし引越し業者の契約にもクーリングオフが出来ますし、キャンセルも契約日の2日前までなら出来るはずです。
キャンセルについては契約書をしっかりご確認くださいね。

ダンボールも使わなければそのまま返却することが出来ます。

最後は「人」が決め手になりますから、この人にお願いしたいなという引越し業者を選んでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引っ越しは冷蔵庫だけでお願いしましょう

 

引越しの際にたいていのものは自力で運べますが、冷蔵庫だけはそうはいきません。
やっかいなことに冷蔵庫は大きい・重い・壊れやすい電化製品だからです。

 

冷蔵庫を1人で動かすのは大変危険です。

 

でも何とかしないといけません。
冷蔵庫の引っ越し方法はいくつかあります。

 

  宅配便の大型荷物専門便にお願いする。
  軽トラックをレンタルして、友人知人に運ぶのを手伝ってもらう。
  引越業者にお願いする。

 

この中でも、
引っ越し業者に冷蔵庫だけを運んでもらう見積もりを取ることをお勧めします。

 

【無料】 >>冷蔵庫の料金を確認してみましょう<<

 

 

引っ越しでやっかいなことと言えば冷蔵庫の存在ではないでしょうか?

安く運んでもらおう
大きい・重いだけでなく、高価なので壊れたら買い替えればいいというものではありません。
横にしたり雑に扱うと引っ越し先で電源を入れても動かなくなることも。
それに大きいので新居の壁を傷つける危険性もあります。

 

実に悩ましい・・・。

 

以前いらなくなった冷蔵庫を知人にあげるため、宅配業者の家財運搬サービスで運んでもらったことがあります。
丁寧に梱包してくれて関東から関西まで運んでいただきましたが、冷蔵庫の運搬費だけで12000円ほどかかりました。
50000円ほどの冷蔵庫だったので割高感がありましたが、他に運ぶ方法がなかったのです。

 

もし引っ越しで冷蔵庫を運びたいとお考えでしたら、さきに一括見積もりを取っておくといいと思います。

 

冷蔵庫1個を運ぶだけでも10000円以上かかりますので、ほかの荷物も運んでもらったほうがお得です。
できるだけ安い方がいいなら、なおさら一括見積もりがおすすめ。

 

冷蔵庫の引っ越し、どのくらいかかるんだろう?と悩んでいる間に見積もりが届きます。